義援金・支援金・寄付金の違いとは

義援金・支援金・寄付金とは

寄付をしようとしているときは、どのような形でお金を出すのかを考えなければなりません。よく分からないまま寄付をしてしまうと、自分が思っていたのとは違う形でお金が使われてしまうことがあります。とりわけ注意が必要になるのは、義援金・支援金・寄付金という用語の違いを正しく理解することです。

義援金・支援金・寄付金という3種類の名称は、さまざまな場面で目にすることがあります。どれも単なる言葉の違いに過ぎず、実質的には同じなのではないかと思われがちですが、非常に大きな違いがあるのです。

義援金とは

義援金とは、災害が起こった時などに被災者の人たちに向けてお悔やみや応援の意味を込めて贈るお金のことを指し、自治体や赤い羽根共同募金、赤十字などが受付を行っています。最近ではテレビ局などでも受け付けていて、集まったお金は被災者に直接渡されます。

義援金は特定の人を選んで支援するためのものではありません。全ての被災者にきちんと行き渡らせる必要があるため、すぐに被災者のところに届けられることはないのです。事故や災害が起こってから、しばらくの期間を経て届けられます。

支援金とは

支援金はお金を出す人が応援したい団体を自分で選んで活動に役立ててもらうものであり、具体的には被災地で活動を行うNPOやNGOなどの団体や機関に対して支払います。端的に言うと被災地で活動を行う団体を支援するためのお金であり、救命や復旧活動にも使われています。

お金を出せばすぐに活動資金として使われますので役に立っていると実感できますが、実際のお金の使い道は各団体に委ねられていますので、何に使われたのかを把握するのが難しいというのが少々問題です。

寄付金とは

寄付金というのはNPOや地方自治体に対する支出するお金です。義援金・支援金と比べると寄付金というのは曖昧であり、広い意味では支援金や義援金を含んでいます。被災地への援助という形でお金を支払ったものは全て寄付金とするケースもありますし、地方自治体が入っていることからも分かるように、災害で損傷を受けた道路を修復・復旧するための作業に活用されます。

最後に

寄付金・支援金・義援金といった区別にこだわらず、何かしらの支援がしたいという気持ちで支出するなら違いを気にする必要はありません。しかし、自分が出すお金の使い道について希望があるのなら、違いについて理解することが極めて重要です。たとえば被災者を直接助けたい場合、寄付金・支援金を選んでしまうと希望と異なる使い方になります。