SDGsとは

SDGsとは


SDGsとは、国際連合によって採択された「時速可能な開発目標」を指している略称のことです。採択されたのは2015年9月で、この時に開催された国際連合のサミットの中で掲げられたものになります。

 

この目標はすぐに達成するのではなく、2016年から2030年で達成することになっているのが大きな特徴です。目標は17の項目に分かれており、その中には貧困や飢餓といったものや質の高い教育を全ての人に提供する、というものも含まれています。世界中の全ての人に健康と福祉を与えたり、安全な水やトイレなどを提供することは、一つの国だけで実現できるものではありません。各国々の政府や民間企業や市民などの協力が、実現するためにはどのようなものかを考える上で不可欠になります。

 

主な事例として、企業では、企業内外の有識者へのアンケートや対話などに基づいて、目標を達成するために必要なことの議論し、実施しているのが特徴です。社外から有識者を招き、「企業が展開している活動を通して、どのように貢献できるのか」といった研修を開催しているのも、取り組みの一つになります。

 

SDGsを達成するために

SDGsの目標を達成するためには、国や大企業などだけでは実現することはできません。市民一人ひとりにまで目標の意義が正しく伝わり、自分の活動をとして考えていくことが求められています。SDGsは世界的な規模での目標になっているため、自分の生活とは関係がないと考えている人も少なくありません。私たちに出来ることは、今の生活とSDGsの掲げている目標を結び付けることです。

 

日本の過疎地域では、将来的に存在できないとされている街が数多くありますが、それについての対策などもSDGsの目標を達成するための活動に繋がるのが大きな特徴です。毎日の生活を通して、貧困や差別などをどうすれば排除できるのかを考えることが必要です。自給率を高めるために必要な手段を考えていくことも、世界中の飢餓などを減らすことを実現できる大切な方法になります。