イギリス大学院で学ぶ国際協力④〜就活・進学事情〜(後編)

英国サセックス大学大学院に留学されている、生駒知基さんからの寄稿記事4本目(後編)です。
後編では、イギリスの大学院にいたからこその就活のメリットや、逆に苦労したことなどが体験談として語られています。海外大学に進学しようとしている方、こちらも必見です!


ーーーーーーーーーー

「海外の大学院に進学している学生ってどのように就活・進学選択しているの?」政府系開発援助機関、青年海外協力隊、外資系戦略コンサルティングファーム、総合商社、セカンドマスター(2つ目の修士課程)という多様な進路に進む大学院生の方の声を紹介している本企画。前編では入社予定の企業や進学先について「どのように選考が行われたのか?なぜその進路を選んだのか」ということを語ってもらいました。

「イギリスの大学院生たちの就活は何月から?入社予定の企業・進学先に決めた理由は?」前編はこちらから!

今回の後編では少し広い視点から、イギリスでの就活で大変だったこと・良かったことや将来的なキャリアプランについて聞いていきます。

今回登場する皆さん

Jさん(政府系開発援助機関)

University of SussexのMA in Poverty and Developmentで貧困と開発を学ぶ。貧困削減と社会保護に興味を持ち、特にエチオピアの社会保護プログラムに関心を持っている。2020年4月から政府系開発援助機関に就職予定。

Oさん(青年海外協力隊)

University of BrightonのMSc Tourism and International Developmentで観光と開発を学ぶ。ジェンダーや女性のエンパワメントに関心を持っており、修士論文ではインドネシアのある村の女性が観光によってどのように影響を受けたかについて研究している。2020年4月から青年海外協力隊員としてモザンビークで農業と観光支援に携わる予定。

Kさん(外資系戦略コンサル)

London School of Economics and Political SciencesのMSc in Gender, Policy and Inequalitiesでジェンダーと社会保障について学ぶ。修士論文では日本の事例を扱い、2018年5月から施行された候補者男女均等法(*)を通して政治にいかに女性の声を反映させることができるか、法律が女性のエンパワメントにどのような影響を与えるのかについて執筆中。2020年4月から外資系戦略コンサルティングファームに入社し東京オフィスで働く予定。

*候補者男女均等法(正式名称「政治分野における男女共同参画推進法」)とは、国会・地方議会の選挙で各政党の候補者数をできる限り男女均等にするよう求める法律で、「日本版パリテ法」とも呼ばれる。

Sさん(総合商社)

University of Sussex のMA in Development Studiesで開発学を学ぶ。難民と開発、教育・ヘルスケアに関心を持っており、大学院では持続可能性やヘルスケアと開発に関する授業を履修していた。2020年4月から総合商社に入社する予定。

Mさん(セカンドマスター)

University of SussexのMA in Corruption and Governanceで汚職とガバナンスについて学ぶ。修士論文ではケニアの汚職をテーマにしている。2019年9月から、ハンガリーの中央ヨーロッパ大学(CEU)の修士課程(MA in Political Science)に進学予定。

イギリスでの就活・進学で大変だったこと/良かったこと

生駒(筆者):

ここまで皆さんの就活・進学について細かく聞いてきましたが、今度はより広い視点で、イギリスで就活・進学を行うにあたって大変だったこと・良かったことについて教えてもらえればと思います。

Oさん(青年海外協力隊)

大変だった点としてまず思いつくのは、日本での就活と異なり、OBOGに会って話を聞いたり、友達と協力してESを見てもらう、といったことが難しかったことです。私は学部時代に就職活動の経験がなかったため、志望動機の魅力的な書き方等、基本的なことから学ばなければならなかったのでイギリスでの就活は大変でした。

Mさん(セカンドマスター)

大学院の授業と並行して出願を行うスケジュール管理も大変だと思います。僕は今年の1月頃に大学院に出願したのですが、授業の課題で忙しいだけでなく、冬で天気も悪くて日も短い時期に研究計画書などの出願書類を準備するのは、精神的にもキツかったです。

忙しかったスケジュール

Jさん(政府系開発援助機関)

僕はスカイプでの面接があったので、対面での面接とは違う難しさがありました。個人的には、対面の面接と比べるとスカイプ面接の方が緊張しない気がするんですが、ネット回線への心配や音声が入らないなどのトラブル、聞こえているかどうかがわからないといった別な意味での心配がありました。一方で、スカイプ面接だと上半身しか映らないので、ズボンはラフなものでも良いというやりやすさはあると思います。

Sさん(総合商社)

スカイプ面接ということで言うと、日本との時差というのも悩みのタネだと思います。僕は別の企業でスカイプ面接を体験したのですが、サマータイムが始まる前で、日本との時差が9時間だったので、大変でした。イギリスの時差って、ちょうど日本の午前9時-午後5時がイギリスの深夜0時-午前8時で、日本のオフィスアワーとの相性が悪いんですよね(笑)。日本時間の午後4時(イギリス時間の午前7時)に面接が入ってしまって、朝の4時くらいから起きて準備していました。

生駒(筆者):

色々と大変なことはありそうですね。逆に、イギリスで就活・進学を行なったからこそ良かったことはありますか?

Kさん(外資系戦略コンサル)

イギリスの大学院に限ったことではないですが、大学院に進学した時点で既にキャリアについて考えた機会があったというのは良かったと思います。あとは海外の大学院ということでいうと、将来的に海外で働くということを念頭に置いて、日本的な視点以外でキャリアを考えることができたというのもメリットだと思います。私は、日本の中でしかキャリアアップを考えられないことはもったいないと思うので。

Sさん(総合商社)

ネットワークという視点でいうと、クラスメイトの社会人などから話が聞けるというのは良かったと思います。僕の場合は、同級生にコンサル出身の人がいて、ケース面接の仕方などを丁寧に教えてくれました。同学年の学生という立場が近いからこそ、社会人経験者に対しても距離を感じずに接したり、就活に関するアドバイスがもらえたりするというのはメリットだと思います。

Jさん(政府系開発援助機関)

日本での選考に比べて日程が空くために準備がしやすいということもあると思います。日本だと6月に選考が始まって数日で立て続けに面接があると思いますが、海外で就活をしていると面接間の時間がかなりあるので対策を立てたり心の準備をしたりできました。

Oさん(青年海外協力隊)

私の大学はキャリアサポートが充実していて、イギリスで就活するとしたらどうしたら良いのかというキャリアセミナーや履歴書(CV)の添削サービスなどもありました。外部の講師が来て、10分間で「自分のやっていること・やりたいこと・アピール」を話すエレベータートークのような講習もあって、面接にも活きたと思います。あとは、日本の就活ではなかなか使われないですがLinkedInの使い方についても講習があって勉強になりました。

履歴書(CV)の添削

次ページ:今後の中長期的なキャリアプランは?