国連で働くために必要な語学力や学位、応募方法について

国連で働くにはどのくらいの語学力が必要?

グローバルに活躍したいから国連で働きたい、英語が得意だから国連で働きたいと憧れている方もいるかもしれません。英語が得意というのは一つの武器にはなりますが、それだけでは通用しません

そもそも、語学ができるのは当たり前の人たちが集まってくるところですから、どのくらいのレベルがあればいいのか気になるところです。国連で求められるのは英語またはフランス語で職務遂行が可能なレベルと言われています。

職務遂行ができるというのは、単に仲間とコミュニケーションができるといったレベルではなく、資料の読解や文書による報告書作成、国際会議を主催できるだけの語学力が求められ、読み、書き、スピーキング、リスニングと全てにおける高い能力が求められると言えるでしょう。

ポストによって異なる求められる学位や経験

国連には様々なポストがあり、そのポストによって求められる能力や経験が異なっています。働きたいと思ったら、公募があるポストの空席情報を確認し、どのような学位や経験が求められているのか確認しましょう

学位は応募するポストと関連する修士号以上が求められるのが基本です。ただし、ポストによっては学士号の取得と一定の職務経験を積んでいることや、複数の学部で学士号を取得したことで修士とみなしてくれることもあります。求められる職務経験は応募するポストと関連する業務である必要があり、最低でも2年以上の職務経験があることが求められるのが一般的です。

国連で働くための応募方法

国連への応募方法として、一番代表的なのは空席公告への応募です。

日本の企業やお店の求人募集を見つけて応募するのに似たスタイルで、ご自身で国連の採用ページから公募があるかを確認します。応募したいポストに空席が見つかり、なおかつ、応募要件を満たしている場合には所定の応募用紙をサイトから入手して、直接応募するという方法です。

また、外務省が主宰するJPO派遣制度への応募を通じて、国連などの国際機関で働く道もあります。国際機関で働きたいと希望する日本人の若者を外務省が給与や渡航費用、諸手当や研修費用などを全て負担するかたちで、派遣の提携をしている国際機関で原則として2年間にわたり、職員として働くことができます。

派遣職員として働きながら、国際機関で働くための知識や経験を身につけ、人脈などを形成してその後のステップアップが目指せます。ただし、正規職員になるためにはJPO派遣期間を終了したのち、先の空席公告を見つけて応募し、採用されなければならず、派遣職員の優先枠などがあるわけではありません